水を流すときは、複数回に分ける

トイレつまりは予防できる!

家庭内の水回りトラブルにはさまざまなものがありますが、中でも困るのがトイレのトラブルではないでしょうか。キッチンや浴室の水が出ないなどのトラブルは、ミネラルウォーターを使ったり、銭湯に行く等の対応ができますが、トイレのトラブルが起きてしまうとトイレを使うことができなくなってしまいます。

トイレのトラブルで多いのがトイレつまりですが、つまりの原因の一つにトイレットペーパーがあり、1度に大量のトイレットペーパーなどを流した時につまってしまうことが多いようです。そこでおすすめなのが、使用後に水を流す時に複数回に分けて流すようにする方法で、1度に流さないように注意することで、トイレつまりのリスクを下げることができます。

トイレつまりを起こしてしまったら?

十分気をつけていたにもかかわらず、トイレつまりを起こしてしまった場合の対処法として、つまりの原因がトイレットペーパーなら、ラバーカップを使用する方法があります。ラバーカップはホームセンターや100円ショップでも購入可能です。ただし、トイレットペーパー以外の異物が原因でつまっている場合は、ラバーカップの使用は逆効果になることがあるので注意が必要です。

もし、異物が原因でトイレつまりを起こしていたり、原因が全くわからないトイレつまりの場合は、自分で直すのは難しく、かえって状況を悪化させることがあるため、修理業者に依頼する方法がおすすめです。夜間や土日でも対応してくれる修理業者も多いので、いざという時にすぐに頼めるように探しておくと安心です。