水に溶けるお掃除シートも、大量に流すのは禁物

流せるお掃除シートもつまる時はつまる!

流せるトイレ用のお掃除シートならトイレがつまることはない、と考えている人は多いのではないでしょうか。実のところ、流せると謳っていてもお掃除シートはつまることがあります。屁理屈かもしれませんが、製品名や製品説明には「流せる」と書いているのであって、「つまらない」とは書いていません。トイレットペーパーも似たようなもので、水に溶けて流れるものですが、一度にたくさん流すとつまりますよね。それと同じです。

勘違いしている人も多いかと思いますが、流せるお掃除シートは、厳密に言うと溶けているのではなく、ほぐれているだけなのです。水に浸かるとシート素材がバラバラになるという仕組みになっています。溶けて無くなるというわけではありません。そうとは知らず、掃除後にまとめて10枚くらいを一度に流してしまい、トイレをつまらせる人がたくさんいます。

お掃除シートでつまりを起こさないためには

流せるお掃除シートがつまらないようにする簡単な方法は、トイレットペーパー同様に、「まとめてたくさん流さないこと」です。分けて流すしかありません。トイレタンクに水がたまるまで時間がかかるのが嫌だという人もいると思いますが、それを待つ間に、次に流すお掃除シートを便器の中に入れてスタンバイしておくといいです。数分おくと流す前にお掃除シートがバラバラにほぐれ、より流れやすくなります。

もしお掃除シートでトイレがつまってしまった場合は、お湯とラバーカップを用意し、お湯を便器内に注いでしばらく待ちましょう。それからラバーカップを使うと、大抵の場合つまりは解消します。もし、何度トライしても解消しない場合は、速やかに業者さんに連絡する方が無難です。生活に支障をきたさないうちにプロに依頼しましょう。