大量に流しすぎ!排泄物やトイレットペーパーの量に注意

量が少ないうちに水を流しておく

排泄物やトイレットペーパーを大量に流すのは、トイレがつまる原因にもなってしまうので注意が必要です。急カーブで狭くなっている便器のふち部分や、排水口手前にあるくぼみが特につまりやすくなっています。つまり対策として、排泄物の量が多いときはトイレットペーパーを使う前に流しておくのも効果的です。一度に何回も流すのは水が勿体ないという考えもありますが、トイレがつまると修理費用もそれなりにかかってしまいます。修理費用と比べれば流すときの水道代はわずかな金額です。トイレットペーパーが詰まってしまう量の目安はシングルが1ロール、ダブルは1ロールの半分となっています。節約したい気持ちはぐっと堪えてこまめに水を流すようにしましょう。

水流の圧力やタンクの水量をチェックしてみる

排泄物やトイレットペーパーがスムーズに流れていかないときは、水流の圧力が不足しているかもしれません。節水のためにタンクにペットボトルを入れている場合も水流は弱くなってしまいます。水流が弱いとトイレもつまりやすくなってしまうので、なるべく標準の圧力で使うと安心です。流れる水の量が少ないときはタンクの水量をチェックしてみて下さい。浮き球が劣化していると適正な水量も確保できません。浮き球はホームセンターで購入できるので、工具を持っている方は自分で交換してみるのもおすすめです。トイレがつまる原因を知っておけばトラブルが起きる可能性も低くなります。トイレを使うときは排泄物やトイレットペーパーの量に注意しておきましょう。